新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

ホルモン療法休止(3ヶ月〜6ヶ月) 乳がん後の妊娠・出産への道 人工乳房術後(1年半〜2年)

卵管造影検査レポ|中編

スクリーンショット 2017-02-07 19.32.35



前回は、卵管造影検査について書けずじまいでした(笑)

>>卵管造影検査レポ|前編

長々と前ふりを書きましたが、今回は、いよいよ卵管造影検査のレポートです!!

 

*ちょっと痛々しい内容も含まれるので、不安な方はスルーしてくださいね!

卵管造影検査レポ|中編

私の専属看護師(親友)と、卵管造影経験者の友人、どちからかも

「痛いで」

と聞いていた検査。

果たして、どうだったのでしょうか!?

いよいよ卵管造影検査開始!

子宮の超音波検査が終わったあと、

「このまま、卵管造影検査にうつりますね」

と、先生。

 

ここまでくれば、もうドキドキとかやない。

やっちゃってください!先生!

という感じで、大股開きのまま受け入れ態勢バッチリ。

ついにはじまった。卵管造影検査!

まず最初に、ちょちょっとホールの部分を消毒されます。

そして、膣からチューブのようなものを挿入。

スクリーンショット 2017-06-06 11.05.27

こんな感じで子宮の中でバルーンを膨らませて、造影剤がもれないようにするってことは、事前に聞いていました。

が、しかし!!

せ、せ、先生!なんか奥まで入れすぎやないですか( ó╻ò)!?

中でバルーンを膨らませたからなのか、奥まで入っているからなのか、腹の下の方に生理痛にも似た強い鈍痛が。

(まっ、生理痛の記憶がすでにおぼろげやけども…w)

 

ぐぅ〜〜〜〜。どこまで入れるんっすか〜〜〜。

と、思っているところで、

先生「今から造影剤を入れますね。痛かったらすぐに教えてくださいね〜。」

と。

いよいよ造影剤注入!

バルーンの工程が終われば、続いて造影剤の注入です。

注射器のようなもので先生が注入しているのが分かる。

しばらくすると…

 

えっ?えっ?お〜〜。いででで〜〜〜〜〜!!!

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

 

先生「大丈夫ですか〜?」

……。

私「痛い…」

ついに自分の口から痛い宣言が出ました。

 

いやこれがさ、ガマンしようと思ったらできたんだけど、一体どのくらいの量の造影剤が注入されるか分からなかったから、

これ以上来たら無理っす!!

って感じだったのです。

 

先生「もう少し!頑張って!」

と、最後の残りを注入され、少々押し切られたような感じで、造影剤の工程が終わりました(笑)

 

ここで私の体力ゲージはほぼ枯渇w

初めての検査は、体力も精神力も使いますね。

 

ポヤ〜ッとしているうちに、手早く1枚目のレントゲンを撮影されて、しばらく個室のベッドで休ませてもらうことに。

 

無事に卵管造影検査の山場を越えました。

次の章では、検査結果などをお伝えします。+(=゚ω゚)ノ+。゚

-ホルモン療法休止(3ヶ月〜6ヶ月), 乳がん後の妊娠・出産への道, 人工乳房術後(1年半〜2年)