新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

2年〜3年 3ヶ月〜6ヶ月 乳がん後の妊娠・出産への道

卵管造影検査レポ|おまけ編

スクリーンショット 2017-02-07 19.32.35



卵管造影検査の後は、結果説明やお薬の話しを聞くのに夢中であまり感じていませんでしたが、気が付けば

「なんか、お腹重くね…( ó╻ò)??」

造影剤は、たいした量は注入されていないはずなのに、やたらお腹が重い感じ&鈍痛。

 

そりゃあ、あんなに

いでででで〜〜〜〜
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

ってなったんだから、当たり前か…。

詳しくはコチラ。
>>卵管造影検査レポ|中編

多少はダメージ受けてるんでしょう。

 

その後、仕事が終わった旦那と合流し、「頑張ったご褒美に」と、しばしのドライブへヾ(*´▽`*)ノアリガトー

気になっていた夕日スポットへ行ったはいいのですが…

 

駐車場からテクテクと浜辺へ歩いていると、

「あれ?お腹痛いの??」

と、旦那。

 

無意識に、へっぴり腰になって歩いていたみたい。

そう言われてみれば速く歩けないし、階段もキツい。
そして、相変わらずお腹も重い。

 

恐るべし、卵管造影検査。

なかなかのパンチをくらわせてくれました(笑)

でも、綺麗な夕日を見られたので、不安だったことも痛かったことも、全てチャラだ〜〜〜。

IMG_9837

ということで、卵管造影検査に関するレポートはこれにて終了です♡

知らないうちに、4回に渡って書いてしまいましたw

ただのレポに、長々と付き合っていただいて、ありがとうございましたヾ(*´▽`*)ノ

-2年〜3年, 3ヶ月〜6ヶ月, 乳がん後の妊娠・出産への道