新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

2年〜3年 3ヶ月〜6ヶ月 乳がん後の妊娠・出産への道

不妊治療専門クリニック受診からの…

スクリーンショット 2017-02-07 19.32.35



ホルモン注射(女性ホルモンを活性化させる方)の効果を見るために、またまた不妊治療専門クリニックに行ってきました。

きちんと卵胞が育っているか、超音波で調べます。

 

また後日じっくり書きたいと思いますが、不妊治療って、経過観察や排卵のタイミングを見計らうために何度も来院しなければいけない( ó╻ò)

皆さん、結構大変なことをされてきたんですね〜(泣)

 

例えば、成熟した卵子を採取して冷凍保存したい場合。

病院側としては、できるだけ卵巣の中でしっかり成熟させて質のいい卵子を採取したい!

でもその反面、ギリギリまで成熟させると、ポコッと排卵してしまって取り逃がしてしまうというリスクも。

 

この「タイミング」が非常に難しいらしい。

 

まっ、わたしの場合は、排卵ウンヌンの前に、まずは卵胞が育たないとダメなんだけど(ᇂ_Jᇂ)

 

ってことで、超音波で子宮内を診てもらったのですが、

残念ながらまだほとんど卵胞は育ってなかったらしいです…(泣)



今後の治療は??

前回、死ぬ気で頑張った自己注射。

詳しくはコチラ
>>最大の難関キターー(゚ロ゚;)!

 

その効果があまり見られなかったとのことで、ちょっとションボリですが、まぁ、いきなりそんな上手くはいかないですね。
気を取り直して、次の段階に進みます。

 

で、先生。これからはどんな治療になるの??

先生「卵巣の反応が悪かったから、ホルモンの量を増やしましょう!」

 

まさか…

まさか…

IMG_9942

またキターーーー(゚ロ゚;)!

しかも…

2本ーーーーー(゚ロ゚;)!

一日おきに追加で2回、自己注射することになりました。

またあの緊張の瞬間が来るのか。

 

先生「1回に入れるホルモンの量も少し増やしておきましょうね。」

んっ?と言いますと??

IMG_9944

薬の容器が大きくなってるーーーー(゚ロ゚;)!

前回は225単位。

今回は300単位。

↓↓これが前回のやつ。
IMG_9856

でも、生理食塩液の量は増えてないから、単純に薬の"濃度"が高くなるだけね。

入れる水分の量が多いほど痛いから、前回と同じなら少し安心かな。

 

ということで、自己注射の日々がカムバックです。

先生に聞くと、だいたい7割くらいの人が自己注射を選択してるらしい。
(残りの3割の方は、恐いから病院で打ってほしい人)

7割もの人が頑張って自分でやってるんだ。

私もツベコベ言わずにやるんだ!

-2年〜3年, 3ヶ月〜6ヶ月, 乳がん後の妊娠・出産への道