新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

2年〜3年 3ヶ月〜6ヶ月 乳がん後の妊娠・出産への道

エストロゲンの大躍進

スクリーンショット 2017-02-07 19.32.35




昨日、不妊治療専門クリニックの受診に行ってきました。

無事にA病院から凍結卵子が移送されたので、これからその卵子を溶かしてどのタイミングで顕微授精をするかを決めるためです。

 

…の前に、

「念のために、もう一度エストロゲンの値を見ておこっか〜」

と、先生。

 

下の過去記事にもあるように、約1ヶ月半前から頑張って女性ホルモン(エストロゲン)を出すための注射をしていたんです。

>>最大の難関キターー(゚ロ゚;)!

 

結構、気合いで自己注射してたんだよ!?

でも、全然カラダからの反応はなく、7月5日の時点でエストロゲンはこんな数値。

IMG_1330

10以下。

つまり、

「低すぎて正常な数値出せませんよ。」

って状態。

 

ホルモンを止める方の治療は、とっくの前に終わってる。

もう生理が戻ってきてもおかしくないのに、音沙汰なし。

 

続いて、ホルモンが出るように注射を多めにした。

それでも、待てど暮らせど音沙汰なし。

 

こりゃもう閉経だなって流れになっていたので、またあの「10以下」って結果を見るのか〜。

と思いつつ、

 

「MIYUKIさーん。」

「は〜い(´0`)」

なんて悠長に返事して採血してもらったのですが…

 

なんと、

IMG_1332

エストロゲン値が94

 

まで上昇していた( ó╻ò)!!!!!!

 

え?

えええぇぇぇ〜〜〜!?!?

何が起こったの!?!?

 

今まで、ず〜っと10以下だった値。

 

もう私の女性ホルモンは、「お役目終了!」と、あきらめてしまってカスカスなんだわ…。

と、思っていたけれど、ここへ来ていきなりの大躍進!

 

先生も驚きの様子。



そして、超音波で子宮の中を見てもらうと、

先生「左の卵巣に1つ卵子が育ってきてるよ」

と。

 

え〜〜〜〜〜〜っ( ó╻ò)♡!?!?!

見せて!見せて!!と、

見せてもらうと、確かにポコッと1つ丸いのがある。

これが卵子なんだ。

 

なんて愛おしい♡

 

ここ数ヶ月は、検査結果が思わしくなくて泣いてばっかりだったけど、今回は嬉しさでウルウルです.˚‧º·(ฅωฅ*)‧º·˚.

 

相変わらず卵巣機能は弱ってるけれど、確実にまだ生きてる。

生きてるんだ!!(嬉泣)

-2年〜3年, 3ヶ月〜6ヶ月, 乳がん後の妊娠・出産への道