新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

2年〜3年 6ヶ月〜9ヶ月 乳がん後の妊娠・出産への道

1年振りのリュープリン

スクリーンショット 2017-09-11 12.59.55




先週の妊娠判定で残念な結果になったことを受けて、治療今後の方針のお話しもありました。

 

でもね。

あまりにも結果がショックで、

 

全く覚えてない( ó╻ò)!!

 

うん。

気持ちいいくらい覚えてない!

 

そのとき一緒にいてくれた仏旦那に確認しつつ、紐解いてみると、どうやらまたリュープリンをすることになるらしい。

 

んっ??

リュープリン??

不妊治療で??

 

リュープリンと言えば、乳がんのホルモン療法で2年間投与していた薬です。

 

女性ホルモンの働きを抑える効果がありますが、なんでまた今なの??



と、少し調べてみましたが、一般的に不妊治療でも使われることがあるそうですね。

 

私の場合は、リュープリンを使って子宮のサイズを少し小さくして、着床しやすい環境を作ることが目的なんだとか。
(この説明全く覚えてないけど…w)

 

つまり、完全に体外受精を目的とした治療ということですね。

リュープリンを投与すると、また生理が止まって排卵されなくなるからね。

 

つかの間の生理ライフとも、またおさらばか…。

 

ってことで、1年振りにリュープリン(3ヶ月製剤)を打ちに行ってきました。

IMG_2079

久しぶりのリュープリン。

 

すっかり忘れてて油断してたけど…

 

 

めっちゃ痛てぇじゃないかっ…( ó╻ò)!!

 

 

そうだった。

リュープリンは、それなりに痛いんだった!
(私の場合はね。)

 

今日は注射だけだったのでサクッと1分で終了。

そして、お会計。

 

2万円也。

スクリーンショット 2017-09-25 15.00.50

保険がきいて注射1本2万円って、もうどうかしてる(笑)

10割負担だったら、約6万7000円!?

 

最近、お金が飛んで行く速度が音速レベルなので、しっかり管理しておかないと大変なことになります。

 

ってことで、3ヶ月製剤の効果が継続している年内は、ひとまず不妊治療がお休みとなります。

 

その間はまたイチから心と体を整えて、次の治療までに準備万端にしておこうと思ってます!

-2年〜3年, 6ヶ月〜9ヶ月, 乳がん後の妊娠・出産への道