新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

4クール目

がん患者あるある?

2017/11/06

《ハーセプチン+ドセタキセル4クール目 10日経過》

 

以前、がん友ちゃんと話していて出た話題。

 

乳がんって告知されてから、散々本を取り寄せたり乳がんブログを検索しまくっていました。

 

とにかく情報がほしくて、

 

自分と同じタイプの乳がんの方はいないか?

どんな経過をたどっているのかな?

脱毛ってどんなんだろう?

副作用ってどのくらいキツいんだろう?

今も元気にされてるのかな?

 

まるでストーカーのように、気になる方のブログをさかのぼって読んでみたりΣ\( ̄ー ̄;)




残念ながら、その中にはすでに亡くなっておられる方もいらっしゃいました。

 

ご家族が代筆でご本人の言葉を書かれていたり、

読者さんに亡くなられた旨をご報告されていたり。

 

正直、見たくなくて題名だけ読んでパソコンを閉じたこともあります。

また、パタリと更新がなくなってしまった方もいます。

 

そんな時、

元気にされているんだろうか…

更新できないくらい症状が悪いのかなぁ…

もしかしたら…

なんて思うこともあったり。

 

きっと元気に復活してブログどころじゃなーい!って方が大半だと思うんだけど…。

 

それでも日常のしょーもない事でもいいので

 

2ヶ月に1回でもひと季節に1回でも生きている証として更新してほしい!なんて思うこともあったのです。

 

もちろん生きていることが全てではなくて、亡くなられてもその方が今まで歩んできた道のりや色んなプロセスがとても尊いものなんだけど、まだ『癌による死』というものを現実として目の当たりするには勇気が必要…。

 

どうしても目を背けたくなってしまいます( p_q)

 

私が初めて衝撃を受けたのは『片野あかり』さん。

三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記
片野あかり
ジュリアン
Amazon.co.jpで詳細を見る
 
この題名に引き寄せられて本を購入し、そのなんとも言えない毒舌具合と、正直ながん患者の胸の内を語る片野さんにすっかり元気をもらっていました。 

『もしかしたらブログをされてるかも~♪』

 

と検索したところ、すでに亡くなられていたことが分かり…

 

もう一時期立ち直れないくらいショックだったんです。
でもぜひ読んでみてくださいね。めっちゃ面白いので。

 

それでも、ブログが書けなくなる直前まで自分の心境や状況を発信し続けた片野さん。

 

私もこのブログを始めた時、

『たとえキツい時でも、元気な時でも、とにかく発信し続けよう』

と思いました。

 

なので、元気になって「右手に焼き鳥、左手に焼酎」なんて写真があっても許してください(笑)

 

反対に、キツいこともリアルなこととして発信していくので、もし気分を害されることがあったらゴメンナサイ。

 

片野さんが伝えたかった「がんのリアル」を私も引き継いで伝えていきたいなと改めて思った今日この頃。

-4クール目