新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

2回目の挑戦 9ヶ月〜1年 ホルモン療法休止 乳がん後の妊娠・出産への道

乳がん|不妊治療の助成金が確定しました!

2018/02/16

top2




すっかり忘れてました。

 

 

不妊治療の助成金のこと。

 

 

卵子単体の凍結でも助成金対象になるかどうかを、保健福祉センターに問い合わせていたのが去年の9月。

>>卵子凍結をしている方に朗報♡助成金のおハナシ

 

 

そして、不妊治療クリニックに書類を書いてもらって役所に提出したのが11月。

>>不妊治療助成金で意外な結果!!

 

 

んでもって、忘れた今頃に福岡市役所から封筒が届いているではありませんか(・´з`・)

IMG_4755

早速、中を見てみましょう!

乳がん女子。不妊治療助成金の結果

私の場合、2回分の申請をしたので、書類が2枚入っていました。

 

 

まずは1枚目。

IMG_4743

いきなり238,778円の金額にビックリ!!

 

えっ??

上限は150,000円じゃないの??

 

と、よくよく調べてみると、初回治療のみ助成上限額が300,000円でした(;'∀')♡

>>福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業
(各自治体によって違うので、確認してくださいね!)

 

ってことは、助成対象となる治療金額が上限までには満たなかったけど、初回に限りギリギリいっぱいまで出してあげるよ~って感じだったのですね。ありがたい(泣)

 

 

そして、2枚目。

IMG_4744

こちらは、上限いっぱいの150,000円となっています。

 

 

ってことは、合計388,778円。

 

 

ありがたさが身に染みる!!!

 

 

最初の最初は、自分の助成金額を15万円程度だろうと予想してましたが、とんだ計算違いじゃないか。

 

 

お金も精神力も削られる不妊治療で、こうして支えてもらえるのは、本当に助かります( ;∀;)

 

 

「不妊治療にトライしたいけれど、経済的に…。」

という方も、公的なサポートを上手に使わせてもらって、少しでも希望を持てたらいいですね♡

 

 

まぁ、少子化!少子化!と言うなら、不妊治療を保険診療内で受けられるようにしてほしいんだけども…(笑)

 

 

ということで、ありがたい助成金のお話しでした。

 

 

不妊治療の助成金は、

①不妊治療クリニックに書類を渡して書いてもらう(受け取りまで2週間くらい)

②役所に提出(受け取りまで2ヶ月くらい)

で、結構時間がかかります。

 

だいたい3ヶ月くらいかかるもんだ!

 

と思っていると「まだかなぁ。まだかなぁ。」と焦る必要がないので、参考にしてもらえると幸いです(*´з`)

-2回目の挑戦, 9ヶ月〜1年, ホルモン療法休止, 乳がん後の妊娠・出産への道