新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

2年〜3年 9ヶ月〜1年 ホルモン療法休止 人工乳房術後

乳がんあるある|相変わらずの泣かせる血管

top1



今回の記事には、少々バイオレンスな表現が含まれますので、「苦手かも(;'∀')」と思う方はスルーしてくださいね。

と書かれるとビビっちゃいますが、乳がん治療をしている方にとっては、日常的な治療・検査のお話しです。

乳がん病院へ定期受診の日

昨日は、乳がん病院の受診日でした。

 

 

私はホルモン強陽性なので、本来であればホルモンを抑制しなければいけません。

 

 

でも、今は不妊治療中で、がんがんホルモンを補充しまくってるので(つまり真逆の治療を行ってるので)、腫瘍マーカーが跳ね上がっていないか?などを血液検査から観察します。

 

 

だいたい3ヶ月に1回のペースです。

 

 

んで、昨日もいつもの流れで採血からしたんですが…。

いざ採血室へ

この日はいつもにも増して極寒&吹雪の天候で、血管萎縮しまくり( ;∀;)

 

 

もうね。探しても探しても、血管が出てこないわけですよ。

 

 

今回は、通常採血分と治験分を合わせて4本も取らないといけないのに。

 

 

採血担当になった看護師さんも、

 

 

「あ~…。血管かなり細くなってますよね…。」

 

 

と、困りながらも、頑張ってくれました。

 

 

いつもの左ひじ外側の血管を(勝手に)ご指名してプスッ針を挿入。

 

 

チョロチョロチョロ…。

 

 

勢いどうした∑( ̄ロ ̄|||)

 

 

なんとか2本分取ったけど、そのチョロチョロはやがて止まってしまい…。

 

 

看護師さん「すみません。他の場所を探しましょう。痛い思いさせちゃって本当にごめんなさいね。」

 

 

 

いえ。大丈夫です。

 

原因は、私の血管なのですから。

 

 

 

スリスリ(摩擦で温める)

ペシペシ(叩いて血管を浮き出させる)

 

 

スリスリスリ。

 

 

ペシペシ…

 

ペンペンペン!!!!

 

 

看護師さん「ごめんなさいね。ちょっと叩きますね。」

 

 

ペンペン具合が強くなってきても、一向に血管からの音沙汰なし。

 

 

 

看護師さん「何度もごめんなさいね。他の看護師を呼んできますね。」

 

 

何度も申し訳なさそうにする看護師さんに対して、私まで申し訳なくなってしまう( ;∀;)

 

 

うちの血管が、すみません!!



新たな看護師さん登場

「お待たせしました~!」

 

と、別の看護師さん。

 

 

「腕から順に使えそうな血管を探してみますね。」

 

 

と言いながら、腕の表裏、側面、手首あたりなどをじーっと探して一言。

 

 

「MIYUKIさん。手の甲いきましょっか(゜-゜)」

 

 

ですよね。ですよね。

 

 

だいたい予想できてたわけですよ。

 

 

目に見えて血管がモッコリしてるので、手の甲だけですもんね。

 

 

いいんです。痛いのは慣れてます。いっちゃってください!

 

 

ということで、手の甲にプスッ。

 

 

痛てぇぇ…( ;∀;)

 

 

看護師さん「いけました!ここなら問題なく取れそうですね!」

 

 

シャーっと勢いよく血が出てくれていたんですが、やがて…

 

 

チョロチョロチョロ…。

 

 

またかっ∑( ̄ロ ̄|||)

 

 

看護師さん「あぁ…(汗)ちょっとヘルプお願いします!」

 

 

と、また別の看護師さんを召喚し、ついに2人がかりになってしまいました。

2人の戦友看護師さん

別の看護師さんが採血管を持ち、もう一方の看護師さんが針を調整する。

 

針の向きを左へグリグリ。

 

 

右へグリグリ。

 

 

さらに奥へ差し込んだり、

 

 

手前に引いて針先を下に向けたり。

 

 

 

このひとつひとつの動きが…

 

 

非常に痛てぇ…( ;∀;)

 

 

久しぶりに、こんなに痛い採血を受けているわけですが、

 

 

もうここまで来たら2人の看護師さんと運命共同体のような雰囲気になり、最後の1本が取れるまで、互いに汗水垂らしながら(どちらかと言うと冷汗だけど)、乗り切りました!!

 

 

 

看護師さん「4本取れました~~!!」

 

私「ありがとうございました!!」

 

 

あの看護師さんたち、どっと疲れたろうな。

 

ありがとうございます。

IMG_4826

帰ろうとした時、戦友の看護師さんが一言。

 

「手の甲に、2週間くらい青あざができるかもしれません(゜-゜)」

 

 

あぁ。でしょうね、でしょうね。

 

 

あれだけの針先グリグリを乗り切ったんですから。

覚悟しますよっと。

 

 

ってことで、今回も腫瘍マーカー値は正常☆

 

看護師さんのお仕事も大変だということを、改めて痛感した昼下がりなのでした。

-2年〜3年, 9ヶ月〜1年, ホルモン療法休止, 人工乳房術後