新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

1年~2年 3年~4年 ホルモン療法休止 人工乳房術後

心友の癒し旅♡

これまでの経過




「東京の仕事に疲れたぁぁぁぁ( ;∀;)」

 

福岡のクリニックで一緒に働いていた心の友からそんな連絡があり、「よし。癒しの旅に出よう!」と計画してからようやく実現した宮古島の旅。

 

台風24号・25号が立て続けに来て、行けるかどうかすら分からなかったけれど、無事に帰ってきました♡

 

今回は、そんな癒しの旅ブログ。

 

心友を癒すはずが、私の方がとんでもなく癒されたのでした…(゜-゜)♡

 

素敵な写真がいっぱいあるので、お暇な方はぜひ見てみてくださーい!



池間島

とりあえずドライブでもするか~。

 

と、まず訪れたのが、宮古島から橋でつながっている池間島。

 

宮古空港からもサクッと行ける距離感で、とっても便利です。

 

島に到着してすぐのビーチがこれーー(゚∀゚)

IMG_0688

なんちゅう綺麗さ!!!

 

台風が過ぎた後で天気も良く、海から光が発せられているような感覚になる♡

IMG_0544

トコトコと走ってきた犬が、何の躊躇もなく海に飛び込んでいくのも、めっちゃ可愛かった!

 

海に入ったり、ビーチに上がって砂を掘ったり、観光客とたわむれたり、ちゃんと遊び方を知ってるんやね~。



佐和田の浜

続いて行ってみたのが、伊良部島にある佐和田の浜。

目の前に地平線が広がるビーチで、夕陽を眺めました♡

 

この日は、宮古島に移住した友達も一緒に。

 

彼女は、中学校の先生をしてたんだけど、「一度きりの人生、自分がやりたいことを突き詰めたい!」と、一念発起して移住。

 

今、幸せで満たされてるらしい。いいねぇ~♪

IMG_0651

素敵な夕焼け空を眺めていたら、ふと見上げた大空に両翼を広げた鳥が!!

 

実はこの時期は、「さしば」という鷹の一種が、羽休めのために宮古島を1.2日だけ訪れる貴重なタイミングなんだって。

 

そんな時期に、こんなに大きな「さしば」を見られるなんて…奇跡!

 

きっといいことあるね。って、これまた癒されたのでした。



伊良部の天の川

天の川って見たことある??

 

私は、「天の川」って聞いてもあまりピンとこなくて、

 

あれでしょ。織姫と彦星のやつ。

 

って程度だったんです(;'∀')えっ。みんなそうじゃない?w

 

でも、36歳にして初めて見てしまった。天の川!!

IMG_0610

写真の真ん中に流れているのが天の川!

 

そして、満天の星☆

 

これ合成じゃないんですよ( ;∀;)♡

 

なんじゃこりゃーーーーー。

 

今まで星が綺麗なスポットに行ったことがあるけど、レベルが違う(泣)

 

とんでもない場所だ。伊良部島。



三角点

伊良部島には、「三角点」と呼ばれるマル秘スポットがあります。

 

地図にもガイドブックにも載っていない、謎の場所。

 

つまり、どこにあるのかよく分からない…。

 

普通の道路の脇にある、小さな小さな獣道?を入らなきゃいけないので、見つけられずに帰ってしまう人もいるのだとか。

 

 

そんなミッションを与えられたら燃えちゃうよね(笑)

 

 

ってことで、探してみたよーー。

IMG_0575

ふふふ。

見つけた。入口。

 

この小さな入口…

 

絶対に通り過ぎてまうやろ(;'∀')

 

IMG_0576

 

道なんだか何だか分からないルートを進むと…

 

急に目の前が広がって…。

 

IMG_0584

ぎゃーーーーー(゚∀゚)♡

 

もう言葉になりません。

 

 

透明度が高すぎて、上からウミガメも見えました♡

 

 

ただし…。

ここは本気の崖!!柵なし。

そして足場はそんなに広くない。

 

 

ガイドブックに載ってない理由が分かった。

 

 

とんでもなく危険なんだ!(笑)



17エンド

この短い旅の間に、3回も訪れたのがこの17エンド。

この不思議なネーミングの秘密はその場所にあります。

Googleマップには「下地島空港RWY17エンド横のビーチ」と表記されていますね。

 

そう。ここは空港のすぐそばなんです。

 

「RWY17」は、RunWay17(つまり滑走路17)という意味で、その端っこなので「エンド」ということで17エンドと呼ばれることになったそうです。

 

ここのビーチがとにかく人気で、干潮で潮が引くと、とっても綺麗なビーチが現れます♪

IMG_0655

なんじゃこりゃーーーーー( *´艸`)

 

ずーっとここにいたいと思うくらい、本当に素敵な場所。

 

満潮になるとこのビーチが消えてしまうので、みんな潮が引く時間帯をねらって訪れます。

 

ただし、このビーチに下りるにはテトラポットを豪快に降りて行かないといけないので、まぁまぁ危険w階段はない…

 

危険と隣り合わせの場所が多い伊良部島なのでした(笑)



奇祭パーントゥ

宮古島の島尻地区というところには、重要無形民俗文化財に指定された、パーントゥというお祭りがあります。

IMG_0630

世界の奇祭100選にも選ばれているのだとか!

 

このお祭りの開催日は、「旧暦9月上旬の2晩」とだけ決められていて、詳しい日にちは直前まで公開されないことで知られています。

 

 

私たちは、元々このお祭りのことを知らなかったんだけど、宮古島在住の方に

 

「明日パーントゥだぞ!!こんなタイミングないぞ!」

 

と教えてもらい、こりゃ行かねば(゚∀゚)となったわけです。

IMG_0641

パーントゥは、全身泥だらけの神様。

 

この神様に泥を塗られると、1年間、無病息災・厄払いされると言われています。

 

3体の神様が現れるんだけど、これまた面白くて、神様と人間の鬼ごっこ?が始まるのw

 

なりふり構わず、人間に泥を塗りたくるパーントゥ。

 

でも、この泥が独特の硫黄臭がするし、何よりも追いかけられると恐い( ゚Д゚)!!

 

子どもや大人が泣き叫び、笑い、大声を出し、逃げまどい、何とも異様な雰囲気が集落を包みます。

IMG_0632

人間だけでなく、新築の家や車もこの通り。

 

泥を塗られることで、御利益があるのだそう( ゚Д゚)

 

宮古島の方に、

「妊娠したいなら、お腹に泥を塗ってもらうんだぞ!」

と言われたので、思い切ってパーントゥのとろこへ!

IMG_0643

よっしゃーーー。

 

「お腹に塗ってください」とお願いしたら、妊娠中だと思われたのか、とても優しく泥塗りをしてくれた神様。

 

ジェントルマンでした♡

 

普通はこうなるのだよ。

IMG_0648

ほとんどの方は顔や全身、泥だらけ~~~( ゚Д゚)!!

 

こんなタイミングで宮古島に来られたのには、何か意味があると信じて、とっても貴重な体験でした。



八重干瀬(やびじ)

そして、この旅最大の目的は、この八重干瀬(やびじ)へ行くこと。

 

八重干瀬(やびじ)は、宮古島も北方にあるサンゴ礁群!!

 

まるで大陸のようなサンゴ礁に出会えるのは、日本でもここくらいかも( *´艸`)

IMG_0767

とにかく天国。

 

ず~っと潜っていたい。

IMG_0768

透明度もこの通り!!

 

プカプカ浮いてるだけでも、すごく浄化される場所でした♡

IMG_0770

今回も、全摘→再建のおっぱいで、問題なく水着が着られましたよ(゚∀゚)b

 

術後でも海を楽しめるからね~♡

 

そして極め付けは…。

IMG_0771

大潮のタイミングにしか現れない「八重干瀬バラス」というスポット!!!

 

360°海に囲まれた中に、現れるサンゴの島。

 

こんな素敵な場所に案内してくれたツアーガイドさんにも、感謝・感謝です。

 

年に数回しかないチャンスに恵まれて、本当に心から癒された旅でしたーー( ;∀;)♡

-1年~2年, 3年~4年, ホルモン療法休止, 人工乳房術後