新婚33歳。乳がんなんて聞いてないよ!

31歳で乳がんになり、33歳で結婚。不妊治療や副作用対策、美容のことなど、自由にそして赤裸々に更新中!

未分類

元乳がん妊婦|内診グリグリ痛すぎ事件

2019/06/29

これまでの経過




出産予定日までの最後の検診。

 

あっという間に39週半ばかぁ(゜-゜)

よぉここまで無事に大きくなってくれました♡

 

今日はいつものエコー検査からの、珍しく内診。

 

先生「予定日も近づいてきたし、ちょっと内診しておきましょうかね!」

私「はーい。」

 

隣りの内診室に移動して、例の足をおっぴろげる椅子に腰かけてウィーンと開脚。

 

先生「はーい。では内診しますね~。」



内診グリグリ!!!!

すると、棒?指??が膣の中に入ってきて、

 

グリグリ!グリグリ!!

 

いっ!痛てぇ( ゚Д゚)!!!

 

看護師「ゆっくり深呼吸して~。息を吐いて~。」

 

えっ?何っ!?!?

何が起こってるの???

 

グリグリ。グリグリ!

 

フー。フーーーー。

フゥゥゥゥゥゥーーー(深呼吸)

フ…。

 

痛てぇぇぇ( ゚Д゚)!!

 

あまりの激痛っぷりに、体にギュッと力が入る。

しばらくグリグリは続き…

 

結局、何が起こったのかよく分からず診察終了。

しばし放心状態…。



内診グリグリって何??

帰宅してからそっこーで「内診グリグリ」と検索してみたら、見事にヒット!(笑)

 

どうやら意味があったみたいですね。(そりゃそうかw)

「内診グリグリ」というのはあくまで俗称で、正式には「卵膜剥離(らんまくはくり)」といわれます。おなかの中の赤ちゃんと羊水は、卵膜と呼ばれる薄い膜に包まれています。卵膜剥離とは、卵膜を子宮口付近の子宮壁から剥がす行為で、これによって分娩誘発への効果が期待できるといわれています。卵膜剥離は薬や器械を使用せず、医師や助産師の手でおこなうということが大きな特徴です。

出典:https://news.line.me/issue/oa-cookpad-baby/fef8cf47907e

子宮壁から卵膜を剥がしていたのか!!

 

そりゃ痛いわけだ。だってその後、出血してるもん…。

コケた…。 (1)

「卵膜剥離(内診グリグリ)」するならするって言ってくれれば良かったのに…。

 

あまりに急のことで大混乱したやんか。

無理やり卵膜に穴開けて破水させるのかと思ったやんか( ;∀;)

 

出産までの道のりは未知。

日々新しい経験ばかり(苦笑)

-未分類